たるみアップにウルセラ

最近脱毛方法として一般的になってきているのが「光脱毛(IPL:インテンス・パルス・ライト)」です。これは、弱めのレーザー光線をとりたいムダ毛の根毛部分に照射することで根毛の力を弱め、簡単に除毛をできるようにしたしくみです。光脱毛は美容エステティックサロンでも用いられている方法ですが、最近は同じ仕組を使った家庭用脱毛器も多くのメーカーから販売されています。
光脱毛は別名で「フラッシュ脱毛」と呼ばれています。これは、医療機関などで行われている強力な脱毛方法である「レーザー脱毛」との対比としての呼称です。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べて照射するレーザー光線の力が弱く、そのため効果もやや劣りますが反面肌への負担が軽く痛みなどをほとんど感じずに脱毛ができるという利点があります。
フラッシュ脱毛の一般的なしくみとしては、まず専用器具をわきの下などの毛をとりたい部分に当てることで、インテンス・パルス・ライトという光が毛母細胞と毛乳頭などの「毛包」に入り込みます。これが毛根部分に熱を与え、タンパク変性という減少が起こって根本部分の細胞が死滅します。
毛の成分が死滅すると、毛自体が老廃物となってしまうため、力を加えることなく自然に肌から抜け落ちます。ただしこの方法は根毛部分の細胞そのものを殺すほどの力はないので、毛の生え替わるサイクルにしたがい、数週間あとには同じ根毛から同じように毛が生え始めてしまいます。