プチ整形で作る二重まぶた

最近では、「プチ整形」と呼ばれる入院やメスによる切開を行わない簡単な美容整形施術が人気です。プチ整形では主に二重まぶたや顔のしわ取り、バストアップやバストの形の整えといった施術がとり行われています。中でも人気があるのが「二重まぶた」にするためのプチ整形です。
従来までの二重まぶたの整形術では、「埋没法」「切開法」のいずれかの方法がとられてきました。埋没法とは、まぶたを糸でとめて二重に見えるようにするという方法です。こちらは切開の必要がなく、比較的簡単にできるので多くのクリニックや美容整形外科で行われてきました。しかし、埋没法は手軽な反面効果が持続しにくく、ちょっとしたはずみで一重に戻ってしまうことが問題になっていました。
そこで、本格的に二重まぶたになりたいという人に進められてきたのが「切開法」でした。切開法とは二重にしたいラインにそって切開をすることで、まぶたの形をつくります。まぶたにメスをいれ、瞼板前脂肪という組織を取り除くという方法です。これは埋没法と違って効果が半永久的に続きますが、一度行なってしまうと戻せなくなってしまうという点が指摘されていました。術後の顔が希望通りにならなかったというトラブルも各地で起きていたようです。
いずれにしても、二重を手術として行う場合には何らかのリスクがついてきます。信頼できるクリニックを選ぶようにし、施術前には納得の行く相談をしてから行うようにしましょう。